FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-)| --/--/--(--) --:--:--
day
昨日の続きです。。

彼の休憩?も終わり僕に近づいてくる。
「口枷はずそうね」
そういわれて、ふ○らさせてくれるのかな?
あれなめていいのかな?

そう思った

けど違う。
僕のバイブを咥えてる下のお口のもっと下をさわり始めた。
「今日はここにも。」
そう言う彼。
お尻にも・・・・



応援クリよろしくお願いしますヽ(><*) 入り口をつんつんとさわられ、きゅってなる。

彼はローションを取り出して
「いっぱい塗らないとね。」
と指に取って、お尻に塗るの。
指がぬるぬるとしながら、入り口に入ろうと触ってみたり。。。

その後にローターを取り出して、
僕に見えるように、ピンクのローターにローションを

たら~

と垂れていく。
僕の目の前でぬるぬる光って

垂れたローションが足に落ちてビックって冷たい。。

そのままローターをお尻に。。
やっぱり急に入れられると怖くて力が入っちゃう。
でも彼がゆっくり、ゆっくりやさしくしてくれるから、
ぬるっ
と中に。。
だんだん圧迫感。
ローターだからかな?
不快感のほうが強くて。。

両手両足に力が入って、中の異物感に堪えてると
彼の僕にちぅしてきた。
舌で僕の唇から、口内まで舐めてくる。。

余計な力が抜け、ローターが入る。


「ほら、両方入った。」
そういって彼が満足な顔をしてる。。

僕はそんな彼の表情を直視できなくて、
下を向いて、お○んことあ○るの刺激を感じてた。。
くりしゃんに与えられてた刺激がなくなったから、イけそうな気持ちよさより、
彼に奴隷のように体を征服されているって気持ちが強くなっちゃってた。
こんな僕をもっと犯してほしい。
もっと辱めて。。。


ちらちら見える彼のお○ん○ん。

冷たい玩具でふさがれてる僕のいやらしい部分は、それがほしくてたまらない。
ずっと堅そうなままの彼の。。

僕の目線に気づいたのかな?
「舐める?」
って。

うん。食べたい。。

僕は両手両足の枷をはずしてもらうと。
お○んことあ○るに入れられたまま、膝をつき、立った彼のお○ん○んを咥えたの。

ぺろぺろって舐めて、形を口で確認する。
下の口で食べると、形とかにおいとかわからないから、
まず口で満足するまで味わいたい。。


しばらく咥えてると、バイブのうねりでお○んこがうずうずし始めて、お尻が自然と動いちゃう。

彼に
「ちゃんと言わないとね」
そういわれて、
「あ・・・・」

入れてください。。。
僕のあそこに


そう彼が望んでる言葉。
頭の中ではリピートするのに、
声に出ない。

彼の目と声と頭をなでる手で、僕は恥ずかしさがいっぱいになる。

今まで頬張って舐めてたのに、お尻振っていやらしくしてるのに、
その一言を言わないと、
って思うと声が。
顔をうつむけちゃう。。


「ほら。」
僕の口の奥にお○ん○んが突っ込まれる。
「んぐっ」
苦しい。
でもこれで突いてほしい。
中に中に。

しどろもどろ
「いれてください・・・」
ってお願いできたの。
これじゃまだ入れてもらえないかな?
そう思ったけど


彼がおいでとベットへ。
彼も余裕ないのかしら?


僕をバックにさせて、咥えこんでるバイブとローターを両手でお尻を開くようにして見て来る
「見ないで」
ひくひくしちゃう。
恥ずかしい。


彼がお尻のローターを抜いたの。
お○んこのバイブも抜いてくれるのかな?
と思ったら、
こんどーむしゃんを装着し始めた。


「え?」

僕のお尻を持って、バイブ入ったままあ○るにお○ん○んを挿入してきた。

お○んこに入れてもらえると思ったのに。。

急に入ってきたローターより大きいもの。
でも、ローションのせいか、痛みがなく、
圧迫感や違和感も少なく、中に収まっちゃった。

そこで、痛かったのは、お○んこに入ってる、バイブ。
彼にお願いして抜いてもらった。。
角度がちょうどあたるのかな?
なんか少し残念でした。



お尻を持たれ、ゆっくり、そう言う暇なく激しく突かれちゃった。
びっくりしてシーツをつかんで彼を受け入れる。

声なんて堪えてる余裕無い。
だんだんおかしいって思えるくらい、気持ちよくなっていき、
いつの間にかお尻を振って彼の腰に答えてる僕。。
なんてはしたない。
あ○るで感じてるの。。
あ○るが気持ちいいの。

もっともっと。

彼のリズムのあるスピンに、全身で感じちゃった。

彼がそんな僕を
「クス」
って笑うから、
さらに羞恥心で、興奮しちゃった。


お○んこが触られてないのに、すごく熱くて、あ○るがお○んこみたいな錯覚。。


イけそう。。。
そう思った。

彼が
「出すよ」
そう耳でささやいたとき、
少し、快感が絶頂したきたしたの。
これもイったっていうのかな?

そしたら。。お尻で。。。やだぁ。。。


そんないやらしい僕のお尻で、彼は2回イきました。

その後はちゃんとお○んこ。

うれしい。
うれしい。

彼とギュってしながら、感じ合いました。
ちゃんと大好きな白いのゴックンしたよ。
今日は少し薄かった。






な~んかSM&あ○るエチが中心だった気が・・・^^;


でもかなり満足なエチ。
布団もふっかふか。
このまま泊まりたいなぁ~

なんてわがまま言えず
明日の仕事のために
カノンのために帰宅っす(`・ω・´)

プチSM好きな方。ピンクチェアーお勧めっす!!
スポンサーサイト
[PR]

プチSM(/_\)日記 |コメント:0 | トラックバック(-)| 2005/07/01(金) 21:45:34
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。